メーカー製とBTOパソコンの違い

コスパの違いが決定的!

パソコンには大きく分けて2種類あります。デスクトップとノートPCではありません。メーカー製とBTOです。でも一見しただけではメーカー製のパソコンもBTOパソコンも同じように思えますよね。ではどんな違いがあるのでしょうか。

 

まずそもそもメーカー製とは、ソニー、富士通、NECのような超有名企業のパソコンが該当します。一方BTOはドスパラ、マウス、パソコン工房、サイコムなどです。企業規模からして大きな差があります。

 

デザインの作りこみが違う

メーカー製の多くはノートPCを主力商品にしています。家電量販店に並んでいるノートPCのほとんどはメーカー製です。宣伝文句を見ると「軽量!」「薄型!」なんて書いてあります。

 

メーカー製はPC本体のデザインに徹底的にこだわっています。見た目もそうですし、軽量・薄型にするために専用パーツを使うこともあるくらいです。

 

BTOノートパソコンは基本的にシンプルなデザインです。多くの場合PCケースも含めて、一般的に売られているパーツを仕入れているので軽量・薄型の実現が困難です。私はBTOノートパソコンで薄型・軽量なモデルは見たことがありません。

 

種類が違う

上記の通りメーカー製パソコンは1つの製品を作り出すために莫大なコストをかけています。そのため種類はあまり多くありません。使い方もかなり制限されていて、ハイスペックなパソコンはほぼありません。

 

逆にBTOは組み合わせが無限大です。あらゆるパーツをユーザーが選べるので、ゲーム用、動画編集用、イラスト制作用など目的にあったパソコンを購入可能です。だから比較的重い使い方をするならBTOパソコンのほうがおすすめです。

 

コスパが違う

最も大きな違いがコスパです。ここで言うコスパとは性能に対する価格です。メーカー製はデザインにお金をかけています。だからBTOと比較するとどうしてもコスパが悪くなってしまいます。

 

例えば家電量販店で15万円のメーカー製パソコンがありました。そのスペックを見ると全然高性能ではありません。あとでBTOメーカーサイトで同じスペックのパソコンを探したら10万円以内でした。コスパ重視なら断然BTOがおすすめです。