自作PCのメリット・デメリット

自作PCの意外なデメリットとは・・・

ゲーム用PCを使っている人の中には、BTOメーカーから購入せず、自分でパーツを集めて自作する人がいます。では彼らはなぜ自作PCにこだわるのでしょうか。メリットはどんなところなのでしょうか。

 

パーツを自由に選べる!

自作PC最大のメリットはパーツを自分で選べるところです。BTOも自分で選べることは選べるのですが、パーツメーカーが記載されていないことが多く、自作と比較すると自由度が低いのです。

 

CPUやグラフィックボードだけでなく、PCケースにもこだわるなら自作しかありません。本当の意味で完全オリジナルな自分だけのゲーム用PCを作れるのは大きなメリットです。

 

安いわけではない!

自作PCのメリットとして「安い」ことをあげる人がいますが、これは嘘です。自作してもBTOメーカーのゲーム用PCとほとんど価格は変わりません。むしろBTOのほうが安い場合もあります。

 

その理由はパーツの価格です。自作する人は「市場価格」でパーツを購入しています。でもBTOメーカーは「卸値」「仕入れ値」でパーツを大量購入しています。BTOメーカーのほうが遥かに安い価格でパーツを集められるので、結局そんなにPC価格に差は出ないのです。

 

時間がかかる!

仮に自作PCとBTOパソコンが同価格だったとしましょう。だったら、絶対にBTOを選ぶべきです。なぜなら自作PCは時間がかかるからです。自作するためには最低でも以下の作業が必要です。

 

パーツを調べる時間、通販で注文してすべてが揃うまでの時間、組み立てる時間、OSをインストールする時間、ドライバをインストールする時間・・・。注文してすぐに完成品が届くBTOパソコンのほうがずっと早くて手間もかかりません。

 

故障したら困る!

BTOでゲーム用PCを購入して、もしも故障したらBTOメーカーのサポートを受けられます。一般的に無料で1年保証が付いています。故障の原因がわからなくても、とりあえずパソコンを送れば無料で修理してくれます。

 

しかし自作PCはすべて自己責任です。まず故障の原因を調べる必要があり、非常に困難な作業です。特定できないとパーツの保証を利用できないからです。バルク品を買ったらもちろん保証なんてありません。

 

つまり余程パソコンに詳しい人なら自作PCを楽しめますが、故障した時のことを考えたらデメリットだらけです。だから私はBTOのゲーム用PCをおすすめします。どうしても自作したいなら、ドスパラのパソコン組み立てキットが簡単で手間も少なく済みます。

 

ドスパラ「自作パソコンのすすめ」