ゲーム用PCの選び方

あなたの予算配分は間違っている!

オンラインゲームをプレイしていても、パソコンのパーツに詳しい人なんて一握りです。だから新しいゲーム用PCを買おうと思って、普通はどれを選んだらいいかわかりません。それが普通です。

 

でもゲーム用PC選びに失敗したくはありませんよね?後悔したくありませんよね?だったら最低限、ゲーム用PCの選び方を学びましょう。きっとあなたは予算配分やパーツの優先度を間違って認識しています。

 

高性能=高フレームレート!

「オンラインゲームを快適にしたい」というのは具体的には「高いフレームレートを安定したい」ことを意味しています。フレームレートとは1秒間に何回描画するかです。

 

フレームレートが高ければ高いほど滑らかに見えます。カクカクしているよりもヌルヌルしている方がプレイしやすいですし、楽しいものです。MMORPGなら60フレームレート、FPSなら100フレームレート以上を目指します。

 

まずはグラフィックボードだ!

ゲーム用PCの選び方として一番大切なのがグラフィックボードです。フレームレートに直結します。他のパーツが全部一緒でも、グラフィックボードを変更するだけで、フレームレートが2倍になることもあります。

 

今だけでなく今後のことも考えるなら、最新世代のグラフィックボードを選びましょう。よくわからないなら、GeForce GTX760がおすすめです。FPSならGTX770、重いゲームならGTX780Tiを選びましょう。

 

メモリにお金をかけるのは間違っている!

ゲーム用PCは大抵8GBのメモリが搭載されています。ハイスペックだと16GBです。しかしなぜか多くの人がメモリを増やそうとします。実はメモリをこれ以上増やしてもフレームレートは高くなりません。

 

32GBや64GBにするのはお金の無駄です。そんなところに予算を費やすなら、8GBのままグラフィックボードを高性能なものに変更したほうが絶対に快適になります。

 

CPUは2択!

現在販売されているゲーム用PCには、何種類化のCPUが搭載されていますが、人気なのはCore i7-4790とCore i7-4790Kです。ここはCore i7-4790を選んでおきましょう。

 

ハイスペックならCore i7-4790KでもOKです。例えばGeForce GTX780Tiを選ぶなら、CPUをCore i7-4790Kにしたほうがバランスを取れます。Core i7-4790Kのほうが約10%高性能だと覚えておきましょう。

 

SSDは必須!

私がゲーム用PCの選び方として強く主張したいのがSSDです。大容量のHDDなんて選んでいる場合ではありません。SSDにするだけで劇的にゲーム用PCが高速になるからです。

 

グラフィックボードが高フレームレートなら、SSDは高速化です。Windowsの起動、ゲームの起動、マップ移動、ブラウザ、ファイルコピーなどすべての動作が速くなるのです。

 

容量は128GBか256GBで充分です。2TB HDDと組み合わせて、WindowsとブラウザとオンラインゲームだけをSSDにインストールするのがおすすめです。