おすすめのA列車で行こう9推奨ゲーム用PC

サクサク滑らか!臨場感も抜群!

シムシティやA列車で行こうのようなシミュレーションゲームは根強い人気があります。最近はA列車で行こうに限らず、どのゲームも本当にグラフィックが綺麗になりました。自分で作った町並みを高画質で眺めることができるのは本当に楽しいですよね。

 

でも臨場感を重視した結果、ゲームの要求スペックが異常に高くなりました。A列車で行こう9はスペック不足だとゲームクライアントが落ちたり、カクカクしたりとかなり酷いことになります。

 

A列車で行こう9推奨スペック

ではどれくらいのスペックがあれば快適になるのでしょうか。要求スペックだとギリギリで、カクカクしてしまうため推奨スペックをチェックしてみました。

 

  • Windows:7/8 64bit
  • CPU:Core i7-860(2.80GHz)
  • メモリ:3GB以上
  • グラフィックボード:GeForce GTS 250
  • VRAM:1GB以上

 

シミュレーションゲームとは思えないほど高い推奨スペックです。WindowsXPは32bitしか対応していません。64bitのほうが高速でサクサクになるので、Windows7か8を搭載したゲーム用PCに買い替えるべきです。

 

また、CPUはCore i7を推奨しています。Core i5では駄目です。そしてグラフィックボードはビデオメモリ1GBですから、新しいものが必要です。最高画質でプレイしたいならハイスペックPCが欠かせないようです。

 

A列車で行こう9推奨パソコンを選ぼう!

ここまで読んでもあなたはどのゲーム用PCを選んだら良いかわからないかもしれません。確かに選択肢が広いですよね。だったら、ドスパラが販売しているA列車で行こう9推奨ゲーム用PCがおすすめです。

 

ドスパラが推奨しているということは、A列車で行こう9が快適に動くことを確認していることを意味しています。それだけではありません。A列車で行こう9を開発しているARTDINKもテスト済みです。だからA列車で行こう9推奨PCを買っておけば間違いありません。

 

ドスパラ 「GALLERIA A列車で行こう9 Version3.0 プレミアム 推奨PC XGR 290X」

ハイスペックなRadeon R9 290Xを搭載しています。これなら最高画質にしても超ヌルヌルです。臨場感抜群の町並みを体感できます。CPUもCore i7の中でも非常に高性能なので大丈夫です。まさにA列車で行こう9のために作られたようなゲーム用PCですね。

 

>> A列車で行こう9推奨モデルの詳細はこちら