ゲーム用PCおすすめ

安いのにハイスペック!だから人気沸騰!

ゲーム用PCを選ぶのは大変です。BTOメーカー、グラボ、CPUなど種類が豊富すぎて絞り込むのも一苦労です。でも大丈夫!ゲーマーでPCショップ店員の私がコスパ最強のおすすめゲーム用PCを厳選しました。

 

ドスパラ 「ガレリア XT」

ガレリア XTは間違いなくここ数年で一番売れているゲーム用PCです。BTOメーカー最大手ドスパラの売れ筋ランキングで1年以上1位に居続けている大人気デスクトップです。

 

人気の秘密はGTX1060です。GTX1060さえあれば、ほとんどのオンラインゲームをサクサク動かせます。だからゲーム用PC選びに迷っているなら、ガレリア XTを選ぶことをおすすめします。

 

 

グラボ CPU メモリ 容量
GeForce GTX1060 Core i7-6700 8GB 2TB HDD

 

 

G-Tune 「NEXTGEAR i650PA7」

ハイスペックPCが欲しいなら、GTX1080がおすすめです。GTX980、GTX980Ti、GTX TITAN Xはどれも高性能ですが、コスパで選ぶなら断然GTX1080です。

 

G-Tuneはハイスペックなゲーム用PCが格安です。グラボだけでなく、CPUもメモリもバランスよくアップグレードされているので、オンラインゲームも普段の作業も快適になること間違いなしです。

 

 

グラボ CPU メモリ 容量
GeForce GTX1080 Core i7-6700K 16GB 240GB SSD

 

 

ドスパラ 「ガレリア QSF970HE」

ゲーム用ノートPCならガレリア QSF970HGSにしましょう。ノート用としてはハイスペックなグラボ「GTX970M」を搭載しています。ここまでハイスペックなものを選ばないとデスクトップと同等にはなりません。

 

GTX970Mはデスクトップ用のGTX760と同じくらいの性能です。だからノートPCで色々なオンラインゲームを遊びたいと思っている方におすすめです。

 

 

グラボ CPU メモリ 容量
GeForce GTX970M Core i7-6700HQ 16GB 250GB SSD + 1TB HDD

 

ドスパラが「PCゲームやろうぜ」セールを実施中!激安で買えるのは今だけ!

 

 

自分好みにカスタマイズ!

さて、BTOパソコンの魅力は何と言ってもカスタマイズです。用意されたパーツのゲーム用PCを買うのもいいですが、せっかくですからもうちょっとハイスペックにしてみませんか?

 

でも予算は限られていますから、どのパーツを優先的にアップグレードするかを考えなくてはいけません。そこでおすすめのカスタマイズ方法をご紹介します。

 

メモリは16GBで充分

多くの人が最初にメモリを増やそうとします。メモリは多ければ多いほど良いと考えているのでしょう。しかしオンラインゲームはメモリをほとんど使いません。デフォルトの8GBでもまったく問題ありません。

 

もしも普段の作業を快適にしたいと考えているのだとしても、16GBで充分です。32GBや64GBにしてもどうせ使わないので意味が無いのです。メモリを増やしてもゲームのフレームレートは上がらないことを覚えておきましょう。

 

最優先はSSD

メモリよりもまずはSSD追加を重視してください。これは本当におすすめです。Windowsの起動、ゲームの起動、マップ読み込みなどすべての動作が劇的に速くなります。誰でも体感できるレベルです。

 

つまりSSDを追加するだけで手軽にハイスペックPCに早変わりするのです。ゲーム用PCとしては非常に重要な事です。容量は最低でも128GBは欲しいところです。予算に余裕があるなら256GBのSSDを選びましょう。

 

電源は意外と重要

初期構成で選択されている電源をそのまま使うのもいいですが、どうせなら電源を高級なものにしませんか?良い電源は、変換効率が非常に優れています。つまり電源をフル回転させなくても充分に電力が行き渡ります。

 

電源の動作に余裕が生まれるということは、温度が上昇しなくなります。実は温度が上昇するとグラボやCPUは自動的に性能を引き下げます。だから電源を80PLUS GOLDくらい良い物にすれば、高いフレームレートを維持できるのです。